新入学児童勧学祭

令和3年4月1日(木)10時30分から今春小学校入学を控えたお子様を対象に新入学児童勧学大祭を行います。

受付場所:御守授与所 ※10時までに受付を済ませて下さい
「勧学祭」とは、これから毎日背負う新しいランドセルをお祓いして、天神様の御加護を戴き、児童の健康と学業成就、また登下校の交通安全を祈願するお祭りです。
祭典の後に、学業成就の御守と記念品をお渡しし、絵馬にお願い事を書いていただきます。

(返信用の封筒も一緒に入っていますので、ご自宅で書かれてご郵送することもできます。)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参列の人数によっては新入学児童1名につき保護者1名の昇殿、もしくは回数を分けて祈願させて頂きます。

なお、勧学祭は毎日受付けておりますのでランドセルをご持参下さい。
また、郵送での受付も随時行っております。郵送祈願のお申込みはこちら

IMG_4843.JPG
IMG_6781.JPG

4月1日の勧学大祭の中では、神楽舞「紅わらべ」を奉納します。
この「紅わらべ」は、天満宮の御祭神で学問の神様「菅原道真公」(幼少名:あこ)が五歳の時に詠まれた『美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある』という御歌にかわいらしい舞をつけたもので、小学校高学年のお兄さんお姉さん達が、天神さまに見守ってもらえるようにと御祝いの気持ちを込めて奉納します。
ご家族お揃いで参列頂き、晴れやかにご入学の日をお迎え下さい