御田植祭

1/4

日時:6月30日14時 斎行

場所:老松社・若松社~春風楼

​この神事は、先ず境内の末社、老松社・若松社の御神前に於いて神事を斎行した後、仮設の神田に移動して田植えを行います。神田では、まず小さな鋤と代掻き、ナスで作った牛とキュウリで作った馬を置いて耕作の様子を顕し、次に3人の巫女が早乙女となって田植えをいたします。(神事終了後、競って苗を持ち帰り自身の水田の害虫・病気除けとして植えられます。稲作されてない方もプランターなどで栽培され収穫しお召し上がりください)

※本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、苗は職員より手渡し致します。

夏越神事

1/6

日時:6月30日 御田植祭終了後

場所:回廊内

この神事は、俗に「輪くぐり」とも云われており、祓清められた輪をくぐり抜けることによって、身についている罪穢を祓除き神様より瑞々しい息吹を戴き、清々しい身体でやがておとずれる暑い夏を無事のりきろうとする神事です。

※本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、間隔をあけてお並び下さい。

罪・穢とは?
心の悩み・悲しみ・不安・怒りといった元気をなくしてしまう要因は日常生活の中で知らず知らずに身に積もっていくものです。

その心の作用のことを罪・穢といいます。

輪くぐりをされた方
①お神酒と御弊串をお受けください。
②神職・巫女・参拝者全員が輪をくぐり抜けた後、藤葛をお取りください。
③御弊串に藤葛を付けて持ち帰り、ご自宅の玄関や神棚にお祀りください。
近所の新築・棟上げ・結婚・出産等の慶事のある家に持参して魔除けとする風習も伝えられております。

~夏越神事特別御朱印頒布~
日時:令和2年6月20日(土)~6月30日(火) 8時半~19時
場所:御守り頒布所
初穂料:700円
※紙の御朱印で頒布させて頂きます。あらかじめご了承ください。
尚、通常の御朱印も御朱印帳にお書き致します。

※画像はあくまで御朱印のイメージです。巫女手作りの印を使用するため、実際のものとは異なる場合がございます。
 

夏越大祓参加の手順

▲クリックすると拡大して表示されます

人形代(ひとかたしろ)ご希望の方へ

手紙または電話・FAXにてご連絡ください。
※人形代は人数分、車形は一家に1台分のご郵送になりますので、必ずご家族様の人数を明記してください。
後日、人形代一式をご自宅にお送りいたします。

大祓式

1/5

日時:6月30日16時斎行

場所:回廊内

私たちは普段の生活において、知らず知らずのうちに目に見えない罪を犯したり、穢れに触れたりしています。大祓式はいにしえより毎年6月と12月の晦日にこの罪や穢れから心身を清めて、清浄なる心身に立ち返ることを願って行われます。
当日は宮司以下神職がご参列の皆様をお祓い致しますので、どうぞお参りくださいませ。