新型コロナウイルス感染症対策について

当宮では新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご参拝の皆さまの安全・健康を考慮し、下記の対応を実施しております。皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

●境内の環境について
 

・開門6時、閉門19時に変更します。
・手水舎では、柄杓(ひしゃく)撤去の上流水にてお清めいただきます。
・御殿、祈願受付所、社務所の換気を実施し、神社職員はアルコール消毒を徹底の上、マスク着用にて対応させていただきます。

   境内各所にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。
・歴史館(宝物館)は当面のあいだ閉館いたします。
・お茶室並びに庭園は当面のあいだ月、火曜日は休館いたします。
(祝日の場合、翌日が休館となります)

●参拝時、祈願祭や御守の授受について
 

・祈願の受付は当面の間、御守頒布所にて行ないます。
・祈願祭斎行時(又待合い時)には充分な換気を行っています。
・祈願祭斎行時には密接にならないよう、接触距離の確保に注意をはらっています。
・祈願を受けられる方はマスク着用のままで結構です。
・ご希望の方は希望の時間に一家(単独)でも祈願祭を斎行できます。

(予め電話予約が必要です。希望日時、お名前をお知らせ下さい。但しご希望に沿えない場合もあります。)
・熱の症状がある方は極力ご参拝をお控えください。
・今後の神事行事等に一部内容の変更が出る場合がございます。


なお、ご遠方やご事情によりご参拝が叶わない方々への郵送、インターネットによるご祈願や御守り奉送を承っております。

詳細はこちらをご覧ください

●祭事・行事について
 

・5月1日~5日のお茶と灯りのコンサートは中止となりました。

・新型コロナウイルス感染防止の観点から8月5日の御誕辰祭花火大会は中止と決定いたしました。
・毎月1日の午前6時30分より御本殿にて月初めのお祓いと宮司の講話、併せて朝粥会を催しておりますが、6月1日の朔日詣りは、大祓詞及び略拝詞の奏上、また御幣の頒布のみ行います。


事態の一日も早い収束と、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。